平面状コイルと専用ICをパッケージ化 / <br>5ナノメートル以下の変位を検出

・変位センサ・近接センサ
・位置決めセンサ・距離センサ
・測長センサ 

超小型変位センサDS2001は日本システム開発株式会社(JSD)が開発した半導体センサであり、2001年の発売以来、多くの工業製品に採用いただいています。

外観は電子回路基板であり、プリント基板上の平面コイルと専用IC(半導体)で構成する小型・薄型タイプです。各種のカスタム製作にも対応しています。

変位センサの紹介ムービー

超小型センサ

DS-H24B / DS-H24B2
レンジが大きい汎用タイプ 
DS-H10B / DS-H3BP
外形が10mm×11mmの小型タイプ
DS2001-TS01
Φ10mmの省スペースタイプ
変位センサ制御LSI
表面実装パッケージ
その他
その他
複合センサ
セラミック対応等
カスタム対応品
用途事例
用途事例
少ロットから量産まで / 変位線さのOEM対応

展示会参加等のお知らせ

◆中小企業 新ものづくり・新サービス展示

 http://www.shin-monodukuri-shin-service.jp/

 【会期】2018年12月11日~13日

 【会場】東京ビッグサイト

 【主催】全国中小企業団体中央会

外部リンク

日本ロボット工業会東京商工会議所